2009年01月15日

温暖化防止技術:“ドル箱”と言える“ドル箱”ではないが…

 『気候変動問題対策についての動向』より。

 現在の世界経済動向では、従来のような高度経済成長は見込めないので、この際に、従来の『儲けの経済観念』は捨て去る必要がある。

 現在、日本国内ではプラントに関する温暖化防止技術を“ドル箱”に観ているが、従来の広い分野に適用できる“ドル箱”といった意味合いではなく、細かい話での“ドル箱”で、1つの技術でせいぜい3社止まりのもの。

 実質は高コストの事業でどの企業でも出来ない高度の技術を必要とするものだから、高度な技術力を持っている日本企業においては、そういった意味では、“ドル箱”である。


 1月14日10時46分配信 産経新聞より。『温暖化防止技術』として、CO2分離・回収を“ドル箱”にあてて企業が動いている事が報道された。

 20日に就任する米国のオバマ新大統領は、地球環境対策の推進と関連ビジネスの興隆を目指して、「グリーン・ニューディール」政策を打ち出す。京都議定書から離脱した米国が環境対策を本格化させることで、日本が得意とする環境技術の輸出拡大に期待がかかる。なかでも、技術開発の進展によって脚光を浴びてきたのが、“悪者”の二酸化炭素(CO2)そのものを分離・回収(CCS)し、再利用する技術だ。

 このため、リサーチに入る。

### CO2分離回収技術 ###
低品位廃熱を利用するCO2分離回収技術 』 - 化学研究グループ
CO2分離回収技術 ーコスト半減への挑戦ー』(財)地球環境産業技術研究機構(RITE)化学研究グループ
JFEエンジニアリング CO2分離回収・輸送・圧入
「NEDO:CO2及びH2に関する分離・回収技術並びに石炭ガス化への適用性に関する調査」に係る委託先の公募について(平成18年11月27日)

### 参考資料 ###
現状のCO2分離回収技術の概要と特性』 − 経済産業省
「CO2(炭酸ガス)源・CO2(炭酸ガス)分離・回収技術、及びEOR のスクリーニング調査」に関する公募要領』 − JOGMEC
CCS:二酸化炭素回収貯留 (Carbon Dioxide Capture and Storage) - Wikipedia

### プレスリリース ###
EAGLEパイロット試験設備におけるCO2分離回収試験開始について 〜 国内初、石炭ガス化プラントと組み合わせたCO2分離回収試験を本格的に開始 〜 (平成20年11月06日)』 − 電源開発株式会社
国内環境ニュース:東芝(株)、二酸化炭素分離・回収技術のパイロットプラント建設
 1月14日10時46分配信 産経新聞より。
 ≪先行三菱追う東芝≫

 東芝は今春、石炭火力発電所などで発生するCO2を分離・回収するCCS実証プラントの建設に着工、8月にも実証試験を開始する計画だ。実証プラントは子会社「シグマパワー有明」(東京都港区)の三川発電所(福岡県大牟田市)内に建設。投資額は10億円超で、CO2の日量処理能力は10トン。実証試験には石炭火力のボイラー排ガスの一部を利用し、システムの性能を確認し、大型発電所向けシステムの設計に必要な検証を行っていく予定だ。

 火力発電所はCO2を多量に排出し、電力会社にとっていかに削減するかが最重要課題。排ガスからCO2を回収できれば、京都議定書の温暖化ガス削減義務達成にも大きく近づく。東芝は「火力発電にCCSを設置する動きが加速していくことは間違いない。2010年以降には事業化したい」と意気込む。

 CCS技術では、三菱重工業が関西電力と共同開発したCO2回収装置が先行した。両社はボイラーの燃焼排ガスからCO2を回収する基盤技術を1990年代前半に確立した。回収されたCO2の純度は99.9%と高効率を誇る。三菱重工はこの技術を使ったプラントで、すでに国内外合わせて8件を受注。CO2回収能力日量200トンの第1号機は、マレーシアの尿素肥料工場に納入され、CO2は肥料の原料として活用されている。

 回収したCO2は化学原料に活用する手法のほか、地中などに貯留して処理したり、原油の採取率を高めるために地層にCO2を送り込む原油増進回収法などにも応用できるため、「高い成長が期待できる」(三菱重工)と有望視している。

 そこで、これより上記についてのリサーチに入る。(後ほど再更新する予定。)

### ###
 
 
 
 

posted by 0≠素子 at 21:02| Comment(0) | research - personal study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。