2009年02月22日

よく勘違いされる辺り

 実際の地球温暖化で生じる生存危機の可能性についての考察において、人類にとって一番恐怖とされるあたりは、「気候変動の災害」「食糧不足」「水不足」「疫病」などにあたるでしょう。

 サイエンス系のチャンネルを見ていて、おかしいなと気がついた話を先に述べれば、nature no.7224 p.985において、H5N1インフルエンザウイルスのNS1のX線構造についてベイラー医科大学より報告が出ていますが、宇宙からのウイルスにおいては自然科学界では取り上げられていません。

 また、宇宙からのウイルスについては、理論上では可能性はあってもNASAにおいても発見されておらず、クライトンが『病原菌アンドロメダ』の著筆において、その当時は、その可能性があった場合に医師がどう対応するかについての研究した著者がその体験に基づいて書いたものだが実際は発見されなかったことも述べられています。


 地球温暖化について、よくある勘違いが、地震と地球温暖化は直接的な影響はありません。地震で気候に影響するとすれば、噴火に伴ったエアロゾルが大気中にばら撒かれると大気に膜を作って温度が低下するといったもので、また、二次災害などで大規模な火事があればCO2が発生した分だけ大気に影響するぐらいのものです。

 勿論、大気は海洋とも影響しあうものでもあるので、地球温暖化に至るメカニズムにおいては、極めて複雑なメカニズムで成り立っています。

 地震については、プレートや活断層で物理作用が生じるものであるので、多くは過去のデータより(すでにプレートや活断層があるのだから)既に引き起こって、確認できている活断層については、地震が引き起こる可能性を考える事が出来ます。

 勿論、未知の活断層もあるので、地震予知することは難しいものとなっていますが、少なくとも、地震のメカニズムにおいては、意味もなく生じるものではないので、無闇にこじつけるべきではないと思います。


 地球温暖化問題については、一般的に、IPCCでは物理学で説明されるあたりなので、地球環境システムとしての生物学上生態系の説明がなかったりするわけですが、前々から気にしていた話…。

 地球温暖化で説明されにくいのが、熱力学的作用と、重力の作用などの細かい話ですね…。

posted by 0≠素子 at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

昨夜の報道を見ていると…

 私の知見といえば、機械工学寄りではあるんですが、基本的には、そのスケールを、至って純粋な自然科学をベースにしています。基礎科学のテキストでの独学は兼ねてからしており、3年前には放送大学のテキストなどで学習しています。データの多くは観測所などの研究機関や週刊科学誌のnatureで情報収集しています。

 このブログに挙げているデータといえば、自然科学系の地球環境問題対策のデータベースぐらいは取り上げることが出来ますが、扱うのは学術レベルです。

 少なくとも、経済や産業に即活用できるといった流れのものでもありません。


 昨夜の報道といえば、藻類を原料とした代替燃料やソーラーが取り上げられていましたが、昨夜のニュースを見ていて、その流れから、随分勘違いされているものだと思っていました。

 今から太陽発電系だとクローズアップされていますが、まずどれぐらいの汎用性があるのか、シェアなどを想定されていない状態でソーラー開発系の仕事を求む求人が増えたといった報道が行われていましたね。

 しかし、要はそれをどうやって使うかが一番問題であって、地上であると、自然災害(台風や落雷・酸性雨など)で劣化が起こりやすいことが難問になります。地上であると、まず面積が必要になります。また一定した発電が行えるわけではないので、デメリットやリスクが大きくなります。しかし、大気圏上空であれば、地上の二倍の能力が発揮でき、水星付近だと小さな設備で済みます。

 現在米国で着目されている藻類の代替燃料については、まず、その畑一帯の海洋ではその域で生息する生物が死滅し生態系が崩壊します。海洋は気候にも影響を及ぼします。

 藻は毒物も吸収しますから、そうなると、生物が化学物質を取り込む度に10^10の濃度になるわけであるから、大気汚染をばらまく可能性もありますね。そうなると、環境汚染の問題も浮上する可能性も出てきます。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

新聞を見たので

 西日本新聞02月16日の報道より、政策減税や、地球温暖化対策を景気浮揚に結びつける日本版「グリーン・ニューディール」構想として太陽光発電導入推進策も盛り込む方向だ、という記事を見たので、これを機会に見ていこうと思う。

 厳密には、方法をいろいろと考えてしまったのでこの日になった。例えば、これまでの案だと、宇宙開発の一環での太陽発電システムの他に、今は発光ダイオードの技術があるので、@空いた田畑をソーラー発電畑にするとか、A道路にソーラーシステムを導入して都市開発のワンセットにするとか、脳内には様々な考えが渦巻いていた。

 話のまとまりが悪くなるので、現実的にみて、太陽光発電導入推進策の流れで考えてみる。(ただ報道を見ていて、地球温暖化問題の対策の過程の1つとして、太陽光発電導入案を考えていた当事者だったからムッとしただけの話。)

 natureの報告を見てからのものだから、もう10年になるが、地球温暖化問題を考えた場合、EDMCのエネルギー・経済統計要覧の各種データを見てわかるように、人間活動においてのエネルギー問題が浮上する。これには資源配分問題というものも同時に浮上する。

 経済学系においての考察においては、地球温暖化対策や温室効果ガス削減のプランを経済戦略としてパラダイムチェンジすることは容易に行き着く話ではあるのだけれども、構造的な物理面においては、人間活動の過程において温室効果ガスを発生しやすい(或いは、物理を見落としての抜け落ちで結果的に発生させる)ものがほとんどであって、新エネの代替燃料で生じた(地下水枯渇問題や食糧問題など)各種問題、グリーンエネルギーにおいての個人投資型のプランは大々的に運営する事は難しいなど、実際に活用できる、温室効果ガス削減に効果的且つ合理的な方法というのは、ほんの一握りしかないというのが現実となっている。

 まず、勘違いされている辺り、国内の電力企業においての電源開発については、「原子力」「火力」「揚水」「一般水力・地熱」「新エネルギー」とあるが、一般において(都市計画で試験的に実行されている計画は省く)従来から運用されてきたケースは、「原子力」「火力」「揚水」「一般水力・地熱」となっており、「新エネルギー」においては研究が行われていたらしい。

 「新エネルギー」には様々なものがあるが、従来の方法に比べ、高コストとなりやすく、しかも、一定した電力供給は難しいこと(一定したものでなければ設備されたシステムに不具合が生じ、非効率になったり、事故がおきやすくなること)や、エネルギー生産率が1%ということから、グリーン電力基金においての支援に回されている。

:勿論開発の余地がある新エネについては現在でも研究が行われているらしい)

 実際に、従来のシステムから新しいものまで1つ1つ追って調べてみたのだけれども、本当に難しいものだと痛感してきたこの10年間。

 地球温暖化対策を考えるにしても、一帯を支えるπ上で需要供給を考えた場合、新エネでは高コストであることや1%しか生産率がないから、これには電気使用量も価格が高くなる。だから原子力に加重があったわけであるのだけれども、原子力は一定に運用されなければ非効率となってしまう。これは自動車の運転の仕方と同じようなもので、安定した運殿を行っていない場合には燃料が食うのと同じようなものだから、深夜電力促進することで、できるだけ安い電気量が提供できるように努力されららしい。しかし、その原子力でも(その性質上)能力の80%が上限であるという(:100%の起動をすれば問題が発生すると有識者から聞いている。)。

:因みに、リサーチ上で気がついた話、一般が生産したエネルギーを電力企業に売れるという一説があるが、現実には、生産したエネルギーを一定化させたものでなければ買い取る事ができないのが現状であるらしい。その理由は、エネルギーを一定化させる装置が必要となるからであって、これはエネルギーに売る側に機材設置を求められるからにあるそうだ。)

 数年前にリサーチしたときは、都市計画で現在試験的に運用されているバイオマスプラントのうち、一件だけ、これは凄いと感動したものがあるが、これは立地条件に依り、どこでもできるものでもない。

 1つずつ物理を追って、問題解決を考えているのだけれども、なかなか難しい…。


 これらの話は、現実ベースの物理を追って説明している話で、要は、地球温暖化問題をベタで考えている。nature No.7224によれば、昨年の年末の段階では、国連気候変動枠組み条約締約国会会議(COP14)は前進はあったが主要な課題は先送り(p.846)になったことが報じられ、欧州では温室効果ガス削減の具体策を盛り込んだ温暖化対策で合意に(p.847)至った事が報じられている。しかし、地球環境スケールで、人間活動を見ればそれに沿っていないことが多い。そこがまた難しい…。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 11:44| Comment(0) | enelgy industry - exploitation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

考えて欲しい事

石炭エネルギーは温室効果ガスを大量に発生しやすい。

これは、以前中国の国家計画でも行われようとして計画で当時、もし実行されれば、「地球は終わりだ」といった研究者の悲鳴を取り上げられ、科学週刊誌natureで議論になった。現在では、中止になっている国家計画である。

現在鉄鋼業関連がエネルギー開発に取り組んでいるようだが、採取・輸送・加工・発電・送電・の過程において二酸化炭素を発生しやすい。

研究者や有識者に地球温暖化を促進させる気かといわれてもしょうがない事態に陥る。

また、ITmk3は、非効率的なプラン。小さくすればよいというの物はなく…。原材料を使ってエネルギー生産するに当たって、通常以上の電気を必要とする。 − したがって、一般家庭においては、通常の電気量の4倍の電気量が掛かることになる。通常の4階の電気量が掛かるという事は、それだけ温室効果ガスを発生させるという事になる。

つまりは、基礎科学や自然科学の世界(あるいは機械工学ではあたりまえの基礎知識だが)では、石炭エネルギーはそれを扱う過程で必ず温室効果ガスを発生し易いものであるから、地球温暖化対策のプランには使えないことは常識として知っている。

寧ろ、原子力発電の方が、深夜電力を使うことができるため効率的であるし、温室効果ガスの発生は少ないうえに、平衡にエネルギーを使えるようにすれば効率化できる、だから、日本国内の電力企業では、深夜電力という形に取られている。そうやって、効率的に運用し、できるだけローコストで供給できるように努力している。

地球温暖化問題対策のうち、原子力の次に効率的なものが、バイオマスプラントだが、これはその地域一帯のサイクルをスケールとしたエネルギー産業系のプランである。

但し、長期や全体で見た場合、原子力で生産できるエネルギー量に比べ小さな枡になり、より高コストになるから。日本国内では、都市計画の1つとして、現在は試験的に運営されているところが数件ある。

日本国内では、まだ試験的だが、バイオマスプラントの実験が行われている。その内、一件だけ凄いところがある。これについては、別のブログで1度取り上げたが、ブログを撤去するときにそのまま削除したので、この話については、改めて取り上げならなくなるのだけれど、高い技術を持つところでは、リスクやデメリットを包括したアセスメント対応仕様で至って効率的且つ合理的なプランを立てているところがある。

経済系においては、物事の成り立ちや物理をよく見て欲しいと思う…。生物は人間でも地球環境に生かされているだけなのだから…。

posted by 0≠素子 at 11:52| Comment(0) | enelgy industry - exploitation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

ああ

わからん
posted by 0≠素子 at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

温暖化防止技術:“ドル箱”と言える“ドル箱”ではないが…

 『気候変動問題対策についての動向』より。

 現在の世界経済動向では、従来のような高度経済成長は見込めないので、この際に、従来の『儲けの経済観念』は捨て去る必要がある。

 現在、日本国内ではプラントに関する温暖化防止技術を“ドル箱”に観ているが、従来の広い分野に適用できる“ドル箱”といった意味合いではなく、細かい話での“ドル箱”で、1つの技術でせいぜい3社止まりのもの。

 実質は高コストの事業でどの企業でも出来ない高度の技術を必要とするものだから、高度な技術力を持っている日本企業においては、そういった意味では、“ドル箱”である。


 1月14日10時46分配信 産経新聞より。『温暖化防止技術』として、CO2分離・回収を“ドル箱”にあてて企業が動いている事が報道された。

 20日に就任する米国のオバマ新大統領は、地球環境対策の推進と関連ビジネスの興隆を目指して、「グリーン・ニューディール」政策を打ち出す。京都議定書から離脱した米国が環境対策を本格化させることで、日本が得意とする環境技術の輸出拡大に期待がかかる。なかでも、技術開発の進展によって脚光を浴びてきたのが、“悪者”の二酸化炭素(CO2)そのものを分離・回収(CCS)し、再利用する技術だ。

 このため、リサーチに入る。

### CO2分離回収技術 ###
低品位廃熱を利用するCO2分離回収技術 』 - 化学研究グループ
CO2分離回収技術 ーコスト半減への挑戦ー』(財)地球環境産業技術研究機構(RITE)化学研究グループ
JFEエンジニアリング CO2分離回収・輸送・圧入
「NEDO:CO2及びH2に関する分離・回収技術並びに石炭ガス化への適用性に関する調査」に係る委託先の公募について(平成18年11月27日)

### 参考資料 ###
現状のCO2分離回収技術の概要と特性』 − 経済産業省
「CO2(炭酸ガス)源・CO2(炭酸ガス)分離・回収技術、及びEOR のスクリーニング調査」に関する公募要領』 − JOGMEC
CCS:二酸化炭素回収貯留 (Carbon Dioxide Capture and Storage) - Wikipedia

### プレスリリース ###
EAGLEパイロット試験設備におけるCO2分離回収試験開始について 〜 国内初、石炭ガス化プラントと組み合わせたCO2分離回収試験を本格的に開始 〜 (平成20年11月06日)』 − 電源開発株式会社
国内環境ニュース:東芝(株)、二酸化炭素分離・回収技術のパイロットプラント建設
続きを読む
posted by 0≠素子 at 21:02| Comment(0) | research - personal study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気候変動問題対策についての動向

 1月15日9時56分配信 時事通信より。会場は東京にて、『交通分野のCO2削減』を議論するに、担当大臣会合始まる。

 交通分野での二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出削減について日本や米国など約20カ国の担当相らが話し合う会合が15日、東京都内で始まった。日本からは金子一義国土交通相らが参加。最終日の16日に採択される大臣宣言には、環境に優しい交通システムの確立に向け、先進国による途上国支援などが明記される方向だ。

 現在の世界総人口(参考:『国の人口順リスト - Wikipedia』・『世界人口 - Wikipedia』)は2007年7月現在の推計で66億人。2008年5月1日の推計で66億6000万人である。

 但し、今現在の世界人口の約半分が各国政府の研究者の憶測で推算されているため、資料を閲覧する際には注意を払う必要もある。

 気候変動に関連する温暖効果ガスの発生の由来の1つとして、人間活動も大きく関連しているというのは世紀末前後では科学情報誌では論文やPD.hで構成された週間科学誌natureの議論の場で議論されてきたところであり、3年前より基礎的な知識が統一されたところである。

 但し、IPCCについては、natureのPD.h陣では物理学分野においてのみ妥当なデータだと現在は示してはいても、実数とは観ていない、簡易的な予測モデルに対する評価であって、現実ベースでの実数を示したものとして評価しているわけではない。

 また、natureのPD.h陣は工学の技術系の知識や経済学の知識には万能ではなく、natureでもまだよく理解していないデータが挙げられている。

### 参照 ###
CLIMATE CHAGE : IMPACTS ON JAPAN
気候に関するnature誌のデータ

 しかし、natureのPD.h陣では科学者である「自分たちにできること」として、基礎科学の知識を提供する事によって危機を防ぐために論説や政治面における科学者の団体を結成し現在活動中となっている。

 IPCCが提供する情報がこれまでが根拠が挙げられていなかった状態で進められてきた上に、対応について促進するゴア氏の説が妥当な予測をしていないために、誤解を招いているが、地球変動問題は、まんざら嘘の話ではない。

 地球の気候変動は、温室効果ガスを排出することによっても気候変動に影響する事から、「人口量にも影響し、人間活動でも影響する」という知見は、世紀末前には科学界では知られている。

 それは、応急処置的な対応しかできないが、気候変動に関する温暖効果ガス削減を行うには、『交通分野のCO2削減』をするのが手っ取り早く、仮に、一斉に使わないようにすれば、それだけで削減目標は達成する。

 だから、その議論自体は、物理に則している。しかし、問題となるのが議論のされ方で、『交通分野のCO2削減』をするには、まず米国であるなら、自動車業界の製造面において、二酸化炭素をばら撒かないエコ自動車へ変更されなければならないし、日本国内においては、産業界の圧力に負けずに規制を掛ける必要があり、日本の科学技術ではそれを達成できる技術は有している。

 しかし、これが出来たのは3年前までで、今の世界の経済の状態ではあまりに時が遅すぎたと思う。


 開会式で麻生太郎首相は「気候変動問題は先進国、途上国を問わず、国境を越えて人間の安全保障を脅かす喫緊の課題。今後も日本は一層積極的な役割を果たしていく」とあいさつした。 

 各国のポストの皆さんが、物事の成り立ちや物理を知っていて議論するのなら、まだまだ見込みがあるが、いつもの調子で終わるんじゃないだろうか。

 そう思えてならない。

posted by 0≠素子 at 19:46| Comment(0) | Climate Change | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

海外において波力発電が波に乗れないのは何故か?(2)

 『海外において波力発電が波に乗れないのは何故か?(1)』より…。

 第二回目の今回は、全体図を把握し易いように、海外における世界スケールにおいての、波力発電についての経済面の流れを追って、まとめて行きたいと思う。

 但し、現在はまだ下書きの段階であり、纏め上げた後で編集することとなるが、参考としている文面は下記のようなデータを元にしている。

### 参考文献 ###
nature 450,135-318 8 November 2007 no.7167
News Feature p.156-159 / To Catch A Wave / Ewen Callaway repots
nature DIGEST 日本語版 January 2008 Vol.05, No.1(1月号)

### 関連記事 ###
海外において波力発電が波に乗れないのは何故か?(1)
nature誌で取り上げられた波力電気を経済工学的に調査する。
波力発電と潮力発電の違い


 また、日本国内の場合は、高度経済成長期の中で、独自の能力を確立しているため、別口として、参考となるデータを示す。

### 波力発電 ###
波力発電 - Wikipedia
波力発電の現状
波力発電システム


 以下に、個人研究のレポートをまとめる。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 18:30| Comment(0) | enelgy industry - exploitation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外において波力発電が波に乗れないのは何故か?(1)

 まず、全体図を把握し易いように、海外における世界スケールにおいての波力発電についての流れを追って、まとめて行きたいと思う。

 但し、現在はまだ下書きの段階であり、纏め上げた後で編集することとなるが、参考としている文面は下記のようなデータを元にしている。

### 参考文献 ###
nature 450,135-318 8 November 2007 no.7167
News Feature p.156-159 / To Catch A Wave / Ewen Callaway repots
nature DIGEST 日本語版 January 2008 Vol.05, No.1(1月号)

### 関連記事 ###
nature誌で取り上げられた波力電気を経済工学的に調査する。
波力発電と潮力発電の違い


 また、日本国内の場合は、高度経済成長期の中で、独自の能力を確立しているため、別口として、参考となるデータを示す。また、その独自に確立された性質については、次の機会にレポートをまとめる予定にしている。

### 波力発電 ###
波力発電 - Wikipedia
波力発電の現状
波力発電システム


 以下に、個人研究のレポートをまとめる。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 12:00| Comment(0) | enelgy industry - exploitation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。